ネットで副業に欠かせないのが
パソコンですよね。

 

そう、パソコンの画面を見てのお仕事ですから。

 

そして一番酷使しているのが目ではないでしょうか。

 

ネットビジネスする上で
目のいたわりは外せません!!

体験により
身に持って「眼の大切さ」を感じています。

 

92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_s
 

以前事務の仕事をしていた時
毎日朝から晩までモニターを覗き込んでいました。

 

夕方になると目の疲れで頭が重くなるだけでなく
吐き気のような気分の悪さを感じていたんです。それも毎日です。

 

目が疲れると、
首や肩、背中までだるくなり、
頭痛もしてきます。

 

そして疲れ過ぎると熟睡さえできませんから
さらに疲れが溜まってきます。

 

当時は「ただの疲れ」と思い込んでいたのです。

 

また、年齢的なこともあり
「もしかして老眼かな?」とか「更年期障害かな?」
などとも思っていました。

 

鏡を覗き込むと疲れが抜け切れないどんより顔、
目の周りにハリがなく
年齢よりも上に見えてしまうようになりました。

 

今考えると恐ろしい。。。
これが私のスマホ老眼(ブルーライトの影響)の始まりだったのですね。

 

これではいけない!

なにか対策をとらねば!

 

この時にブルーライトについて
いろいろ知ることとなりました。

 

8fd62e23ef8ae273f0a06dbc82864f7e_s
 

ブルーライトの影響

 

モニターから発せられるブルーライトは
波長が短く、そして強力な光なので
眼の奥の網膜や視神経にダメージを与えてしまうのです。

 

目が疲れると
脳や肩にも疲労を感じ、全身にも影響を与えます。
眉間を寄せるようになり、目の周りのシワも増えるんですよ。(泣)

 

いまや「スマホ老眼」という言葉があるくらい
眼病も若齢化していくといわれています。

 

若い方々は小さいことから
スマホやモバイルやパソコンに囲まれた生活が
当たり前になってきていますからね。

 

ブルーライトは
非常に明るい光でもあるので
目の奥からの体内時計にも影響を及ぼし
それによって
睡眠障害が起き眠りが浅くなるので、全身の疲れも取れにくくなります。

 

4e1b23aae7df88e1fed7e2a472fb791d_s
 

ブルーライトの影響は
全身の健康、エイジングにも関わりがあるのです。

 

今やパソコンやスマホは
生活の中になくてはならないものになっています。

 

だからこそ対策が必要です。

 

ブルーライト対策として
厚生労働省のガイドラインでも
1時間のデジタルディスプレイ機器作業を行った際には、
15分程度の休憩を取る
」ことが推奨されています。

 


子供から大人まで積極的にブルーライト対策をしていくことが
望ましいようですね。


 

私の場合、気軽にできる対策として
パソコン用メガネをすぐに購入しました。

 

305837
 

ふつうのメガネより断然目の疲れ方の違いを感じます!

 

アフィリエイターとして
パソコンに向かう毎日が日常となった今、
ブルーライトカットのパソコンメガネに助けられています。

 

ネットでお仕事をするなら絶対持っていたほうがいい!
あなたの目はもちろん、全身の健康のために
本当におすすめします。

 

最近はパソコン用めがねもネットやめがね屋さんで
簡単に手に入ります。

 

機能性もオシャレ感もあったりと、選ぶのも楽しいです。

 

そして日頃のケアも大切
目のためのサプリにも助けられています。

 

ピントも合いやすい!
目が疲れにくいのと、
疲れ目の乾燥感も少ないです。

 

皆さまもどうか目を大切にしてくださいね。