独自ドメインとは?





ドメインとはホームページのアドレスのことです。

アドレスというくらいですので、インターネット上の住所のことです。

たとえばグーグルのホームページアドレスは https://www.google.com

そのうちの www.google.com 独自ドメインです。


独自ドメインのメリット



無料ブログは独自ドメインではなく、共用ドメインが使われます。


これは自分のサイトの住所は共用スペースにある状態ですので、
共用スペースの大家さんが、スペースの閉鎖を勝手に決めることができますし、いきなり閉鎖されることもあります。

これが無料ブログの怖いところ。


事実、マルルも無料ブログを利用していて、ある日突然ブログが消えていたことがあります。


独自ドメインは有料ですが、自分だけの住所ですので突然消えてなくなることはありません


また、Webサイトの評価も自分のものがSEOに影響するので、共用ドメインのような、ほかの人のペナルティの影響を受けずにすむのも大きなメリットです。



独自ドメインの取得は有料ですが、
一年契約でおよそ1000円~2000円くらいです。


一か月に換算すると100円くらいです。



ネットビジネスで稼ぎたいなら独自ドメインを取得しましょう。


独自ドメインの取得


独自ドメインは「お名前.com」や「ムームードメイン」、「Xドメイン」などの独自ドメイン取得業者を利用します。


独自ドメインを起動するにはサーバーも必要ですので、
これからサーバーもレンタルするなら
Xserver
がおすすめです。


Xサーバーは非常に安定しており、稼いでいる多くの方が進めています。
またサーバー、ドメインも同一の会社を利用すると紐づけもラクですし、万一の不明点も快く対応してくれます。


初心者にとっては、わずらわしいことがなく同時に持つことができて便利です!!


詳細はこちらから ↓




独自ドメインは自分で好きなものにすることができます。


が、一度決めると変更することができませんので
慎重に決めていくことをおすすめします。



独自ドメインの決め方





独自ドメインは2つの部分に分かれていて
ドットの前は自分で好きなものにすることができます。
ドットの後はトップレベルドメインといい、すでにあるものから
自分の好きなものを選択できます。
ただし、co.jpのようにモノよっては法人のみしか取得できないものもあります。


考えるマルル

どうやって決めればいいの?
自分のドメイン名が決められない!




自分のサイトのテーマに沿ったもの


たとえばダイエットに関するサイトをつくるには

「ダイエット」や「ダイエットに関するキーワード」を入れることで
サイトを訪れた読者が、ドメインをみてどんなサイトか?わかりやすかったり、
また次に訪れるときに検索しやすくなります。


マルル博士

独自ドメインを取得する前に
自分はどんなテーマでサイトを作っていくかをしっかりと決めて、
それに沿ったものにするとよいでしょう。




自分の名前を入れているサイトもあります。
これもサイト制作者との関連性があるし、自分自身をブランド化している
意味もあるのでアリです。


ただしサイトには全く関係のない、自分のペットの名前などはやめたほうがいいです。


日本語ドメインはどう?





私の場合、日本語ドメインにしています。

というのも私のサイトは「ネットで稼ぐ主婦」を対象にしたかったから。


日本語ドメインにすると
読者にとってわかりやすいメリットがあります。


デメリットは、
実は日本語ドメインでもローマ字に直すとすごく長~いんです。
ツイッターなどのSNSを利用するには文字化けする可能性があります。


また、海外にも発信していきたい方にとっては不向きかもしれません。


しかし、日本語ドメインだからといってSEOに弱い、ということはありません。


短いものにする




ドメインはできるだけ短いものがおすすめです。

読者がドメインを打ち込むときにも間違いが少なくなりますし、短いほうが読者にも好印象です。

長いドメインにはデメリットしかありません。

ローマ字のドメインなら長くても10~15字くらいがいいでしょう。

長くなりそうなら自分オリジナルの造語もOKです!


トップレベルドメインは何にする?





トップレベルドメインとは、@マークのあとの.comとか.net などの文字列です。

たとえばco.jp や.or.jp なんかは、法人でないと取得できず、これを利用するのに登記簿の提出が必要になります。

年間使用料が高いので、選ぶ段階で個人には不対象ですね。



トップレベルドメインには意味があります。


  • .jp   日本サイト。メルマガをしたい人におすすめです。
  • .com   商用の意味で、営利な目的でよく使用されています。
  • .net   ネットに関するものに多く利用されています。
  • .info 情報に関するものに使われることが多いですが、海外ではスパムが多いので注意。


やはり人気は.com や.net などで、結局は好きなものを選択すればいいと思います。


人気なものはすでに品薄状態のために.xyz .tokyo といったものも出てきています。


地域を絞ったサイトなら.tokyo .yokohama といったものも有効です。



ドメインに空きはあるか?


自分のオリジナルドメインを決めても、それが空いているか確認する必要があります。


独自ドメインは世界に一つですからね。


ドメインの探し方は、独自ドメイン取得業者のサイトからチェックすることができます。

大手では
お名前.com
ムームードメイン
エックスドメイン」があります。


個人的にはエックスドメイン
をお勧めします。



ドメインを取得する際に「Who is情報の代理公開」を設定します。

これをしないとドメイン使用者の個人情報、住所・電話番号なども公開されてしまいます


「お名前.com」の場合、ドメイン取得申込時にこの代理公開を設定しないと毎年980円(税別)の料金がドメイン使用料のほかに加算されます。


もしドメイン取得がはじめてなら、設定のし忘れが起きやすくなりますので、
代理公開無料のムームードメイン
またはエックスドメイン
が安心です。


レンタルサーバーも考えているなら、安定・対応抜群のXサーバーと同一会社のエックスドメイン
がわずらわしさもなく、簡単です。


両社の金額の差はほとんどありません。


両社もしょっちゅうキャンペーンを行っていますので
1ドメイン1円ということもあったりしますが、
これは1年目の料金で2年目以降は年間料金が通常料金になります。
キャンペーンを利用する場合も2年目以降の料金を確認しておくようにしましょう。



ドメインの空き状況はこちらから確認できます。 ↓
格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』


最後までお読みいただきありがとうございました。