CSSとは、Cascading Style Sheetの略です。
スタイルシートとも呼ばれ、
ネットのページを見栄え良くしたり
装飾などを整えて見やすく仕上げる事ができます。



元々はHTMLのみでページを作っていましたが、
CSSを加えることで、レイアウトや装飾も簡単に
手の込んでいるような見やすいものに
つくることができます。


web-2389250_640

HTMLとCSSはどう違うの?



これは初心者の方がわかりづらいところです。

HTMLを簡単にいうと
ページを構成するプログラミング用語です。

このHTMLが文書の構造を作っています。



HTMLに対してCSSは
ページの装飾を行う構造を担当します。



例を挙げると
シャツを作るとして
首はココで袖が2つで襟がついて・・・などはHTML。



シャツにアップリケを付けたり
襟の形を丸くしたり、ポケットをつけたり・・・などはCSS。



thread-2321421_640


現在はほとんどのページにCSSが使われるようになりました。



ではCSSを使うメリットについて確認していきましょう。



CSSを使うメリット




1,CSSで作業効率化


HTMLだとページごとに修正や変更を加えないといけないのが、
CSSだと1回の作業で変更できます。
ページが多いものほどCSSを使う事で作業の効率化アップになります。
またHTMLとCSSが別々なので
編集する際も見やすいです。




2,CSSでページの軽量化


CSSによって作業の効率化を上げることができるように、
コンピューターも何度も同じHTMLを読み込まなくていいので、
コンピューターの読み込みの時間も短縮できます。




3,CSSでSEO対策


CSSを使っているHTMLは
検索エンジンにヒットしやすいHTML構造になるといわれています。
読み込み速度も速くなるので、
検索エンジンの評価されやすいようです。




4,CSSで正常に表示


HTMLだけだと、ブラウザがによっては正常に表示できないことがあります。
CSSを使うことで、ブラウザが変わっても正常に表示することができます。



5,CSSで見やすく

HTMLでできない表示もCSSなら対応できます。
CSSを使えばどんな装飾もできるのです。



CSSを使って見やすいページを作り
読者さんを増やしていきましょう。



♥旅コラム


arles-1614814_640

ローマ時代の円形競技場といえば、イタリアのローマのものが有名ですが、フランスのアルルにも残っています。世界遺産の1つになっており、ローマのものよりは規模は小さいですが、とてもよい保存状態をしています。競技場以外にも遺跡はありますし、ゴッホの有名な「夜のカフェテラス」のモデルになったカフェもあります。とってもかわいい町です。


最後までお読みいただきありがとうございます。