今回はネットビジネスの中でも
アフィリエイトについて踏み込んで理解を深めましょう。




アフィリエイトとは?


ネットビジネスのページでもお伝えしたように、
アフィリエイトとは、
人が販売している商品を、自分のブログやメルマガで紹介し、
自分のページから商品を購入してくれた場合に、その紹介料を報酬として
得るビジネスです。

アフィリエイトをしている人を
アフィリエイターと呼ばれています。



アフィリエイトの仕組み


まずアフィリエイトの仕組みを知るために
4つの関わりを見ていきましょう。



・広告主
・ASP
・サイト閲覧者
・アフィリエイター


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a8%e3%81%af


広告主

商品や情報を販売したい業者さんのことです。
広告主はASPに
広告やアフィリエイト報酬の内容等を登録します。

サイト閲覧者がその広告のURLを踏んで商品を購入した場合、
その広告料をASPに支払います。



ASP

アフィリエイトサービス・プロバイダーの略です。

アフィリエイトをするには、
まずASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)
に登録する必要があります。

アフィリエイターが自分で広告主を探したり、
報酬等の交渉をするのは大変です。

そこでアフィリエイターの窓口になるのがASPです。

ASPはアフィリエイターと広告主をつなぐ仲介業者のような
立場です。


アフィリエイターはASPにある多くの広告から商品や情報を選び、
それをASPに申請するとASPから自分専用のURLを発行してもらえます。



サイト閲覧者

サイトやブログに訪れて、記事を読んでくれる人たちですね。
リアル店舗でいう、お客さんです。

閲覧者にとって有益な情報がサイトやブログにあれば
サイトに長い時間滞在してくれたり、再び訪れてくれるようになります。

そのサイトやブログから商品を購入してると
アフィリエイターに報酬が入るわけです。




アフィリエイター

アフィリエイターはアフィリエイトをする人。
ここでサイトを開設している私もアフィリエイターの一人です。





アフィリエイトの報酬の種類



アフィリエイトの報酬は成果報酬型クリック課金型の2つがあります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。



成果報酬型


成果報酬型とは、ブログやサイトに訪れた人が
アフィリエイターのURLをクリックして
その商品を購入や申込を完了するともらえる報酬の方法です。

ですので、
読者がブログやサイトに訪問してくれただけでは報酬はありません。
訪問してくれて、URLをクリックして、商品を購入する。
この流れがないと、報酬につながらないのです。


広告主にとっては、読者が購入することで
アフィリエイターに報酬を支払うので、
商品の成約がなければ、広告をブログに載せていても
広告費を支払う必要がありません。
そのため、広告主にとっては、その分コストを抑えられるという
メリットがあります。


別の方向から見ると、つまり
アフィリエイターにとって、
商品の成約がなければ報酬も0円ということになります。

いかに成約に結びつける商品の紹介ができるか。

これが、アフィリエイターの腕の見せどころになります。


まずは自分のブログやサイトに集客し、
そして自分のファンを作り、報酬を増やしていくことです。




クリック課金型


成果報酬型と違い、クリック課金型は商品の購入がなくても
クリックされるだけで報酬が発生する方法ですので、
成果報酬型よりハードルが低く
取り入れやすい方法です。


このクリック課金型の代名詞ともいえるのが
グーグルアドセンスです。


グーグルアドセンスアフィリエイトを始めるには
まずは審査が必要です。

そのために自分のブログを審査にかけ、
1次、2次をパスすると、自分専用のURLが発行されるので
それをブログやサイトに貼っていく方法です。


2016年3月に規定が変わり、無料ブログでは
審査が受けられず、独自ドメインを取得する必要があります。


グーグルアドセンスは規約が厳しく、
最悪の場合にはアカウントが停止されることもありますが、
きちんとやれば、報酬に結びつきます。





アフィリエイトについておわかりいただけましたでしょうか?

アフィリエイト、といっても
手法はさまざまです。

なにか質問があればいつでもお待ちしております。


最後までお読み頂きありがとうございました。