さて、今世界でもっとも熱い戦いが繰り広げられている
リオについてご紹介です。
リオはリオデジャネイロのこと。

 

ポルトガル語で「1月の川」という意味を持ちます。

 

人口は約600万人を超え、
サンパウロに次ぐブラジル第2位の都市です。

 

リオのシンボルコルコバードのキリスト像ですね。

 

rio-de-janeiro-186492_640
ブラジルのシンボルといっても過言ではありません。

 

ブラジルに行ったら必ず見たいスポットですので
こちらも復習しておきましょう。
コルコバードの丘の標高は710m。
この丘に左右30mもの手を広げたキリスト像が立っています。
キリスト像の高さは約40mもあります。

 

なぜこのような大きなキリスト像を建造したのでしょうか?

 

それはブラジル独立100週年を記念したものです。
ブラジル国民の73%以上ががキリスト教徒。
世界で最も多くのカトリック人口を有する国です。

 

リオデジャネイロを一望出来るこの丘に建てられたことで
リオの「キリストの神が見守る街」という意味と
人々の信仰の深さを象徴しているのです。

 

コルコバードのキリスト像は
自由の女神と同様、
像そのものはフランスで制作されて、
この丘に先に造られていた台座につけられました。

 

ブラジル独立が1822年のことでしたが、
キリスト像の除幕は1931年10月12日のことでした。

 

以来、ブラジル人と多くの観光客に愛される像となっています。

 

ここは必須の観光地。^^
天気がよければ世界三大美港のコパカバーナも望めるでしょう。
観光客も多いのでスリにはご注意を!!

 

これと同じ像がポルトガルの首都リスボンにもあります。

 

 

そしてリオで忘れてはいけないのがカーニバルです。

カーニバルはポルトガル語でカルナヴァル。
カトリックの謝肉祭です。

 

カーニバル自体は世界各国のカトリック圏や、
ブラジル各地でも行われていますが、
リオのカーニバルは規模が全然違います。

 

carnival-476816_640
とにかく派手&大迫力です。^^

世界的にも有名なリオのカーニバルは
世界各国から多くの観光客が訪れます。

 

千人単位大規模なサンバチームがパレードをしながら
サンボードロモというコンテスト会場を通り抜け、
優勝を競い合います。

 

復活祭(イースター)を基準に毎年開催日程が
決められます。

 

リオはブラジルの文化の中心地であり、流行の発信地ともいわれています。
サンパウロ人は仕事で忙しく、リオ人は遊びで忙しい。
といわれるくらい
リオ人は明るい気質の方々です。^^

 
ではリオ出身の有名人・・

ジーコ(元サッカー日本代表チーム監督)
ラモス瑠偉(サッカー選手)

 

サッカーもとても盛んな国であるのはご承知のとおりですね。

 
最後に日本の神戸と姉妹都市です。

 

今日もテレビの前で釘付けで応援しまーす。^^

 

最後までお読み頂きありがとうございました。